top of page
検索
  • manabuyamaguchi197

質実剛健



日本語で「質実剛健」と言う言葉がありますが、私はこの言葉が物を作る上で私にとってとても大事なキーワードの一つになっています。

私自身の捉え方として、『過度な装飾を排して物として確かな精度・強固な作り、理に適った手作業等々を感じる物』でしょうか。

分かりやすい例えですとドイツの製品などが思い浮かぶと思います。

強くてしっかりしていて職人気質な物作り。

またまた、男臭い感じの佇まい。

元々私自身、若い頃からずっと男らしい物、派手な物より少し地味でもかっこいい物が好きでした。

工業製品や日本の工芸品にも似たような感じがあります。

これからも物を作る上でこの言葉は私の作風の上で大事なキーワードの一つです。


There is a Japanese phrase, "shitujitu goken," which is one of the most important keywords for me when I am making things.

The way I see it is that a product should be free from excessive decoration, and yet have a sense of solid precision, solid construction, and reasonable handwork.

A simple example that comes to mind would be a German product.

Strong, solid, and craftsmanlike.

Also, the appearance has a masculine feel to it.

Since I was young, I have always liked masculine things, things that are cool even if they are a little plain rather than flashy.

Industrial products and Japanese crafts have a similar feel to them.

This word is one of the important keywords for my style when I continue to make things.



閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page